ベビーリーフの水耕栽培・レストランTOBU運営│株式会社良葉東部

ステーキ&ハンバーグ レストランTOBUへ

水耕栽培事業

HYDROPONIC CULTURE

はじまり

「良葉東部」は被災した大川地区の
復興・発展を願って誕生しました。

東日本大震災で水没した大川中学校跡地に、また豊かな自然環境、地域の戻ってきてほしいとの地区再興の願いをこめて、平成26年5月より事業を開始致しました。地域から従業員を雇用し、播種から収穫まで一切農薬を使わず育てています。摘み取りも葉を傷つけないように1枚1枚愛情をこめて手作業でおこなっております。施設の名称『良葉東部』は宮沢賢治の作品『注文の多い料理店』に登場する理想郷イーハトーブから引用しました。

幅1310m、長さ約30mレーンが28基ある水耕栽培式植物工場で、ピノグリーン、レッドマスタード、ルッコラ、あかからしみずな、ロロロッサなどを中心に10数種類の中から選別されて、良葉東部(イーハトーブ)の「ベビーリーフ」として、播種から3週間前後で商品となって出荷されています。

栽培している野菜

数種類の葉物野菜の若葉を組み合わせたものです。水耕栽培ならではのみずみずしさ、柔らかさが特徴です。お子様からお年寄りまで食べやすく、えぐみもありません。野菜の若葉にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。さっと洗うだけで手軽に柔らかな歯ざわりのサラダが作れます。

  • ビートルビークイーンビートルビー
    クイーン
  • ピノグリーンピノグリーン
  • アイスバーグレタスアイスバーグ
    レタス
  • 冬用レッドオーク(四季紅)冬用レッドオーク
    (四季紅)
  • コロロッサコロロッサ
  • ターサイターサイ
  • ルッコラルッコラ
  • レッドサラダレッドサラダ
  • ミズナミズナ
  • 夏用レッドオーク(四季紅)夏用レッドオーク
    (四季紅)

エコでスマートな育て方

「良葉東部(イーハトーブ)」の植物工場は、根域温度制御特許をもつ水耕栽培方式を採用しています。この方式は、ハウス全体の室温調整をするのではなく、根域=栽培床のみを一定の温度に保つことで、エネルギーコストの削減を可能にした画期的なものです。ハウズ全体を加温するのではなく、根廻り(溶液)のみを加温することで、ランニングコストを従来の加温方式より40%減少することができます。

根域温度制御による水耕栽培方式の詳しい解説資料はコチラ

  • 水耕栽培方式を採用水耕栽培方式を採用
  • 無農薬・手摘みだから安心無農薬・手摘みだから安心
  • 美味しく育っています!美味しく育っています!

主な取引先

無農薬・手摘みのベビーリーフは有名ホテルやレストランなどで使用されています。
食材にこだわりのあるお客様に喜ばれている商品です。

主な取引先